諦めるのはまだ早い!若ハゲが気になるならこの育毛剤!!

20代・30代という若いうちから髪の毛が薄くなってきたら当然気になりますよね。
自分に自信を持てなくなりますし、若ハゲは大きなコンプレックスとなってしまいます!

年齢が中年にもなってくると、もしかしたら諦めがつくのかもしれませんが20代・30代の若さだと周りの目がものすごく気になってしまうでしょう。

薄毛は放っておいても決して治りません!
「まだ若いから大丈夫!」
という考えは捨ててください!一度脱毛が始まるとどんどん進行していきます。
若ハゲには早めの対処が必要です。

若ハゲが気になってきた方は当然育毛剤などを調べているでしょうが、商品の数が多く、どの育毛剤が効果があるのか判断が難しいと思います。

そこで当サイトでは数ある育毛剤の中から厳選した人気の育毛剤を徹底比較していきます!!
もちろん40代以上の方にも同様にオススメできますのでご安心ください!

オススメ人気育毛剤ランキング

 チャップアップ(CHAP UP)の特徴

口コミや売れ行きでもダントツな人気を誇る育毛剤がこの「チャップアップ」です!
人気の理由はやはり効果の高さでしょう。
育毛剤は効果がないと言われることも多いですが、チャップアップの顧客満足度数は圧倒的に高いです。
発毛・育毛に良いとされる有効成分も他の育毛剤と比較すると群を抜いて多く配合されています。
その効果の高さから発毛の専門家、厚生労働省にも認められた育毛剤なので、安心して使える商品と言えるでしょう!
商品価格定期便で9,090円(税込)56%OFF
購入サービス返金保証、送料無料、購入特典
button_002button_001

 

 BUBUKA(ブブカ)の特徴

ブブカは育毛剤の中でとても有名で認知度の高い商品です。
濃密度の低分子ナノ水を使用している為、毛穴への浸透力が他の育毛剤と比べ優っています!
髪にとって不要な成分を排除し、厳選された成分を濃密配合しているので安心して使用できるでしょう。
改良を加えさらに効果が期待できる育毛剤に進化したので、チャップアップに次ぐ人気商品です!
商品価格初回定期購入で5,980円(税込)74%OFF
購入サービス全額返金保証、送料無料、購入特典

 

 BOSTONスカルプエッセンスの特徴

BOSTONスカルプエッセンスは値段は多少張りますが、非常に高い効果を見込めます!
髪にボリュームを与える「キャピキシル」という成分と、頭皮ケアの有効成分「ピディオキシジル」というW成分が配合されています。
これらの成分は育毛効果が高いと言われていて、業界でもかなり注目されています!
コストが気になるなら低コストのチャップアップやBUBUKAを勧めますが、薄毛がかなり進行しているならこの商品はかなりオススメ出来ます。

商品価格定期コース購入で12,800円(税込)13%OFF
購入サービス180日間返金保証、送料無料

button_002button_001

 

icon-hand-o-right ザ・スカルプ5.0Cの特徴

この商品は発売されて間もないので知名度こそ低いですが、これまで育毛にもっとも効果的な成分と言われていた「ミノキシジル」よりも、約3倍の効果が見込める「キャピキシル」が配合されています。
モンドセレクションでも金賞を受賞していて、今最も注目されている育毛剤です!
利用者がまだ少ないながらも、返金保証が付いているところも、自信がある証拠と言えるでしょう。

商品価格定期購入で10,000円(税込)5,000円OFF
購入サービス60日間返金保証、送料無料

 10代・20代で若ハゲになってしまう原因は?

711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s

●若ハゲの原因は

10代や20代と言った若い世代の男性でもハゲてきてしまうことがあります。

そんな若い世代から始まる薄毛のことを「若ハゲ」とも呼んでいますが、大きな悩みとなることが多いです。
若ハゲは60代以上で始まる老化によるハゲとは違う原因があります。

若ハゲの場合は若い世代のうちに分泌が活発な男性ホルモンのテストステロンです。
本来テストステロンは男性らしい骨格や筋肉の形成や性欲、男性性器の発育などに役立っています。
しかし還元酵素の5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンと言う毛髪の毛周期のうち成長期を短くする男性ホルモンの一種へと変わることがあります。
成長期が短くなると毛髪が次第に軟毛化していきます。

●AGA以外にも原因がある

その他にも偏った食事ばかり摂取していると若ハゲになりやすいので、栄養バランスの取れた食事を摂取することが大切です。
ストレスがかかり続けると頭皮下の毛細血管が収縮し、毛髪を伸ばしている毛乳頭細胞や毛母細胞の働きが弱くなることでも若ハゲになりやすいです。
ストレスを溜め込まないように趣味などで発散することが大事です。

タバコやお酒を飲み過ぎても毛細血管が収縮することがあるので、禁酒禁煙したほうが良いです。
シャンプーを一日に何回も行うと頭皮を守っている皮脂が落ちすぎてしまい、頭皮を守ろうと過剰に皮脂が分泌されることがあります。
毛穴の中に皮脂が溜まって酸化し毛髪に悪影響を与えることがあるので、1日1回のシャンプーまでに抑えたほうが良いです。

●AGAの進行パターンは

男性ホルモンのテストステロンが関わっている若ハゲはAGA男性型脱毛症です。
5αリダクターゼには1型と2型と2種類あり、2型のほうがAGAの発症に大きく関わっています。

2型は額の生え際や頭頂部の毛乳頭細胞に多く見られるため、額の生え際や頭頂部から少しずつ脱毛が進む特徴があります。
AGAでは額の生え際から始まるとM字型へ、頭頂部から始まるとO字型へ、両方から始まるとU字型へと進行していきます。
最終段階では側頭部や後頭部にある毛髪だけしか残らないことがあります。

円形脱毛症は10円玉や500円玉の大きさで一気に脱毛が進むことが多いです。
症状の進行の仕方に違いがあるので円形脱毛症なのかAGAなのか区別しやすいです。

●若ハゲは治療ができる

若ハゲは医薬品などによって治療が可能です。
よく知られているのがプロペシアと言うフィナステリドを主成分にした内服薬です。
フィナステリドは5αリダクターゼ2型を阻害し脱毛を予防する効果が期待されています。

その他にも血管拡張作用があり発毛を促進させる効果が期待できるミノキシジルを主成分にした外用薬があります。
プロペシアは内服薬、ミノキシジルは外用薬なので併用することができます。

治療や医薬品以外の育毛剤の効果も最近の技術の進歩で飛躍的に上がっているので、治療を受ける程ではないけど薄毛が気になるという方にオススメします。

若ハゲの悩みは生活習慣を改善することで対処できる

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

●食生活について

人間は食事から様々な栄養を吸収します。それだけに、不健康な食事を摂っていると髪や頭皮に多大なる悪影響を与えます。
具体的に言うと高脂質の食事はあまりよくないと言われています。(揚げ物や肉類が該当します。)

肉類など栄養素そのものはたんぱく質なので髪の毛の成長にとって必要な栄養素の一つなので問題になるわけではありませんが、脂が多い食事は頭皮にとってはよくありません。
皮脂腺が詰まったり過剰に脂が分泌されると、毛髪の成長を妨げたりと抜け毛の原因となってしまいます。

辛い食べ物を過剰に摂取するのも良くないとされています。
適度な辛いものは血行を促進しますが、取り過ぎは交感神経を活性化され、皮脂を分泌します。
それにより、抜け毛を起こす可能性が高まるり若ハゲの原因となります。

アルコールにも原因があると言われています。
アルコールを摂取するとアセトアルデヒドという物質が分泌されます。
アセトアルデヒドという物質は、過剰摂取しすぎると体内で脱毛の原因ホルモンとも言われている脱毛を促進させるDHT(デヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまいます。
結果的に抜け毛の原因ともいわれるジヒドロテストステロンを助ける働きを活発にさせてしまうという事です。

●ストレスについて

ストレス社会と言われる現代社会ですが、髪の毛や頭皮にも多大なる悪影響を与えています。
髪の毛への栄養分は血液によって運ばれています。
毛根部分には毛細血管などがたくさんあり、そこから髪の毛へ栄養が運ばれています。
簡単言うと、血流が良い人が髪の毛へたくさん栄養がいき、血流が悪い人が栄養がいきにくいという事です。

では、ストレスと血流の関係性はどんな風にあるのでしょうか?
まずストレスにより脳が刺激されノルアドレナリンという物質が分泌されます。
この物質は毛細血管を縮小させます。
それにより、髪の毛への栄養が不足してしまい不健康な髪の毛となり抜け毛の原因となるという事です。

●シャンプーの仕方

毎日するシャンプーですが、意外にもここに若ハゲの原因があると言われています。
整髪料などをつけている場合、しっかりシャンプーで落とさないと頭皮に汚れが残り抜け毛の原因になります。
泡を十分に洗い流さずにいるとシャンプーが頭皮に残ってしまい、抜け毛の原因となってしまいます。

●遺伝について

100%遺伝とは言えませんが、遺伝のパターンがありますのでご紹介します。

両親が共に髪の毛が薄い、またはどちらか一方がハゲている場合。
母方の祖父母に髪の毛が薄い人がいる場合。
など、様々なパターンがあります。
これは薄毛が遺伝なのかという検査をしなければ分かりません。

薄毛・抜け毛の原因は?対策・改善方法

ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_s

原因はひとつではない。

薄毛・抜け毛の原因は一つではありません。
遺伝的なもの、頭皮の問題、老化によるホルモンバランスの変化など様々な要因が考えられます。

●薄毛・抜け毛=ヘアサイクルが短くなっている
当たり前の話ですが髪の毛は、伸びて、抜ける。を繰り返します(=ヘアサイクル)。
ヘアサイクルは通常2年から6年程度なのですがこの期間が短くなっていることがいわゆる薄毛・抜け毛という状態であると言えます。

●男性ホルモンによる薄毛・抜け毛
ヘアサイクルが短くなる。太かった毛が細くなっていく。これらの症状は男性ホルモンが関係していると考えられています。
遺伝的な原因もありますが、食事、生活習慣などが男性ホルモンに影響を与えると考えられています。

男性ホルモンという言葉通り、過度な筋トレ性的なコンテンツ(AV等)の視聴など男性的な行動習慣が男性ホルモンを増やす傾向にあります。
牛乳、卵、牛肉、豚肉、鶏肉、魚といった食事の摂取も男性ホルモンを増やすと考えられています。
若い男性が好きなものは男性ホルモンを増やす傾向があると考えられます。

●男性ホルモンを抑制するには
性的興奮を高める行為は抑制しましょう。
また深夜の時間帯に男性ホルモンが分泌される量が増える傾向があるのでその時間帯は寝ているほうがよいでしょう。
食事では大豆イソフラボンが男性ホルモンを減らすとされています。豆類全般、豆腐や豆乳などもよいでしょう。

●頭皮の炎症による薄毛・抜け毛
文字通り頭皮の状態が(正常)健康でない事が、ヘアサイクルに影響を及ぼすと考えられています。
パーマやカラーリングなど頭皮に悪影響を与えることがあります。

多くの人が毎日シャンプー・リンスを使用していると思いますがシャンプーやリンスも頭皮にかなりの負担をかけていると考えられています。

●頭皮の炎症を軽減するには
最近、シャンプーやリンスが頭皮に与える影響を重く考える人が増えてきており「湯シャン」と言ってシャンプーやリンスを使わず、シャワーで髪の毛を流すだけで済ませる人が増えてきています。
シャンプーで洗わないと不潔であったり匂いがするのではと不安になるかもしれませんが、多くの体験談を読む限り匂いなどはなく、フケも減り、頭皮の脂のバランスもよくなるといった良い影響が多く語られています。
石鹸とクエン酸リンスを組み合わせて使用するのも効果的です。
石鹸は頭皮への負担が少なく汚れもしっかり落とせるので頭皮にはいいのですが、弱アルカリ性のため、髪の毛がギシギシしてしまいます。
そこで弱酸性であるクエン酸リンスを使用することで中性に戻し髪の毛も健康にすると考えられています。

正しいシャンプー・頭皮マッサージの方法

スカルプDでお馴染みのアンファーオリジナルの頭皮マッサージとシャンプーの方法の解説動画です。
スカルプDを使ってなくても参考になると思うので是非ご覧ください!