bsMAX98_jidoriharf20140531

薄毛や抜け毛の原因はストレス、不規則な食事、頭皮の炎症などいろいろなものがあります。
しかし、原因として一番多いものはAGA(男性型脱毛症)です。

なぜAGAになってしまうのか、治療法はあるのかについて説明していきましょう。

そもそもなぜAGAになってしまうのか

AGAの原因となるのは男性ホルモンから作られるジヒドロテストステロン(DHT)です。
体を筋肉質にし、体毛を濃くするなど男性らしい体を作る物質ではあるのですが、同時に脱毛を促進するという困った働きも持っているのです。
髭が濃い人はハゲやすいといわれることがありますが、そういう理由なのです。

では、DHTがどうやって頭髪の脱毛を促進しているのかというと、頭皮の細胞内にある「毛乳頭細胞」にDHTが結合することで、毛髪をつくるための細胞分裂を抑え、髪が成長しにくくなってしまうのです。
また、DHTには皮脂の分泌を促進する働きもありますので、これによって頭皮の状態が悪くなり、さらに毛髪が発育できなくなってしまうというわけです。

AGAには特効薬がある

では、このAGAはどうやって治療すればいいのでしょうか。
実はフィナステリドとミノキシジルという特効薬があるのです。

まずフィナステリドですが、これはAGAの進行を抑える薬です。
もともとは前立腺肥大症の薬として開発されたのですが、DHT生成を抑える効果があり、これがAGAの進行を抑制できるということで転用されたのです。
男性ホルモンからDHTが生成されるためには5αリダクターゼという酵素が必要なのですが、この酵素の働きを抑えてDHTの生成を減らすことでAGAの進行を抑制します。

とはいえ、進行を止めるだけでは髪は生えてきません。
そこで発毛を促進するミノキシジルの出番となります。
この薬ももともとは高血圧患者のための血管拡張剤です。頭皮に塗布することで血管を拡張して血流を良化させ、毛髪の成長に必要な栄養分を頭皮に十分に行き渡らせることで発毛を促進するのです。

治療を受けるなら専門のクリニックが一番

医学的にも効果が確認されているフィナステリドとミノキシジルですが、残念ながら副作用があることも確認されています。
ミノキシジルは頭皮のかぶれや血圧異常で、使い方によっては命にかかわることもあります。

フィナステリドは勃起障害(ED)や抑鬱症状で、EDは若い男性にとっては深刻な悩みになりかねません。

フィナステリドとミノキシジルは自分で購入することも可能ですが、副作用を考えるなら専門のクリニックに診てもらった方がいいでしょう。
AGAの患者を専門に扱っていますので、薬剤の副作用に対処するノウハウも豊富に持っているからです。

AGAの治療は健康保険の適用外ですので、それなりの治療費はかかります。
どうせお金をかけるなら、安心できる専門のクリニックに行くのが一番です。