jjfdd

プロペシア(フェナステリド)とは?

薄毛で悩んでいる人の改善に有効な薬で、錠剤タイプの飲む育毛剤と言われています。男性型脱毛症にとても効果が期待できます。
男性型脱毛症とはAGAと呼ばれることも多く、症状は頭頂部の髪が薄くなったり、生え際が後退するなどの症状があります。
遺伝子や環境因子も影響していることも分かってきました。

原因のひとつに、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンというものが上がっています。
もともとは前立腺肥大症の治療薬とされていましたが、その後研究から男性型脱毛症にも効果があることが分かりました。

男性型脱毛症の原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することで、薄毛や脱毛を防ぐことができます。
男性ホルモンには、血中のテストステロンに5α‐還元酵素が働いて作られる物質で、プロペシアはその5α‐還元酵素を阻害することが出来ます。
その結果DTHが作られなくなって、男性型脱毛症に効果が期待できます。

プロペシア(フェナステリド)の発毛効果

プロペシアは飲み薬です。
成人男性1日1錠(フィナステリド含有量0.2mg)を服用します。
医師の判断で増量することもありますが、1日5錠が限度となります。

食後食前などに気にすることなく飲むことが出来ます。
髪の毛が生えるという効果もありますが、基本的に現状を維持するということが期待できます。

抜け毛が少なくなったり、髪が短くなったり細くなったりするのを防ぐために、髪の毛が太くなり薄毛が目立たなくなってきます。
薬を飲み始めて効果が見えてくるまでには6ヶ月程度かかります。

6ヶ月服用しても効果が見られないと、医師の判断で薬を中止することもあります。
錠剤を増やしたからといって効果が出やすくなるわけではないようです。人によって薬の感度の違いなどがあり、薬の量が増える場合があるようです。

プロペシア(フェナステリド)の副作用は?

プロペシアには、いろいろな副作用があります。
個人差がありますが、下痢や眠気、胃部不快感や頻尿などの消化器系、性機能障害などがあります。

最も多く見られる性機能障害には注意が必要です。
性欲の減退や勃起機能の低下などがあり、子供が出来にくくなるというデータもあります。
この薬を服用しているすべての人に副作用や後遺症が起こるわけではありません。薬の添付文書には0.7%程度です。

飲んでいる本人の不安から性機能障害になることもあります。気にしすぎてもいけない様です。