ミノキシジルとは?

AGA(男性型脱毛症)治療薬として高い効果を発揮するミノキシジルは1980年代に製薬会社ファルマシア・アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、世界で初めて認可された脱毛治療薬です。

元々は1970年代後半に高血圧の方のために経口血圧降下剤として米国で開発され使用されていました。
しかし、その副作用として全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効だと発表されました。

毛根部分の血管拡張を発揮する薬品成分として知られ、日本では大正製薬株式会社から一般用医薬品「リアップ」として販売されています。
1999年に厚生労働省より医薬品認可を受けており、薄毛で悩む多くの方たちの頭髪改善に役立っています。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、両方を併用するのが発毛に効果的だと言われています。

ミノキシジルの発毛効果はどの程度?

ミノキシジルは直接毛母細胞に働き掛け、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める働きをします。

毛細血管拡張→血圧下降→血流増加→毛根活性の流れで発毛促進を行います。

塩化カルプロニウムと似た作用機序を持っていますが、血行促進が主な作用の塩化カルプロニウムと異なり、毛根活性による発毛が高確率で期待できるのがミノキシジルです。
統計的にはミノキシジルの外用薬単体では大きな発毛効果が得られないのが現状ですが、まったく効果がないわけではなく「リアップ」の使用において一定の発毛効果があることが発表されています。

ただ、ミノキシジルの内服薬やフィナステリドを併用することにより相乗効果を呼ぶことが明らかになっていることから、ミノキシジル1%含有の外用薬による頭皮浸潤では脱毛ホルモンによる皮脂過剰分泌等の障害で思ったほどの効果が得られていないと考えられます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは直接髪を増やす成分ではなく、血管を拡張し、間接的に髪を増やす効果を狙っている成分です。
血管を拡張することにより、発毛効果以外の症状が体に現れることがあり、それが副作用です。

副作用として低血圧、髪の毛以外の髭や腕、足の毛が濃くなる多毛症、皮脂の分泌が過剰になるため肌荒れやニキビ、性的不能や性欲減退、頭皮の痒み、頭痛、かすみ目、不整脈、動悸、手足のしびれ等があります。

また、ミノキシジルの外用薬に含まれる基剤成分プロビレングリコールに対するアレルギー反応を起こす人もいます。
一般的には外用薬よりも内服薬の方が副作用が出やすいと言われています。